国立病院機構 都城医療センター附属看護学校

電話でのお問い合わせ
0986-22-3690
キャンパスライフ
TOP »キャンパスライフ »卒業生メッセージ

卒業生メッセージ

国立病院機構九州医療センター附属福岡看護助産学校 助産学科

平成29年3月卒業 (第68回生)牧之瀬 礼佳さん

 助産師になりたいという夢を抱き看護学校に入学しました。看護学校で過ごした3年間は長いようで短く自分自身大きく成長することができました。講義や実習で看護の素晴らしさや難しさを学び、実習では幅広い年齢の方々と関わり色々な価値観に触れることができました。また、私は寮で生活していました。寮での生活は先輩後輩との交流が増え様々な刺激を貰うことが出来ました。この学校に入学し本当によかったと思っています。

 現在は前からの夢を追い、助産学校に入学し日々勉学に励んでいます。この看護学校で看護を学び自分の可能性をひろげてみませんか?

 

都城医療センター勤務

平成29年3月卒業 (第68回生)柿木 美穂さん

私は今年度より都城医療センターで看護師として働いています。

看護学生の時は、講義や実習などを通して知識や技術を学び看護の楽しさを実感することができました。

実習では患者さんに最善の看護をするために何ができるか考え、学習や技術練習に励みました。時には思うようにいかず悩んだ時期もありました。しかし学校の先生、実習指導者、病棟スタッフの方々が親身になって相談に乗ってくださり、実習のたびに成長することができました。

就職してからは、先輩看護師から丁寧な指導を受けながら働くことができています。日々患者さんと関わる中で自分の未熟さを感じることもありますが、患者さんからの「ありがとう」の言葉に看護のやりがいを感じています。

看護学校では、同じ夢を志す仲間がきっと支えになります。看護師を目指す皆さん、一緒に頑張りましょう。

 

都城医療センター勤務

平成25年3月卒業(第64回生)黒木 輝美さん

 私は幼い頃より看護師になりたいと思い看護学校に入学、卒業後都城医療センターに就職し今年で5年目になります。私の所属している病棟は混合病棟であり、急性期・慢性期・回復期・終末期の全経過の患者さんが対象です。日々慌ただしい業務のなかですが、患者さんに何が必要であるか考えることを大切にしています。患者さん、家族からの心温まる言葉、笑顔、病棟スタッフの方に支えられ日々多くのことを学び成長することができているのではないかと感じています。

 今年はプリセプターとして新人指導に携わっていきます。一緒に学び成長していきたいと思います。「看護師になりたい」という夢は叶います。いつか皆さんと一緒に働けるのを楽しみにしています。